大麦若葉の食物繊維と多量に含まれたSOD酵素、飲みやすく風味の良いのが山本の青汁の特長です。

緑茶と大麦若葉を熱処理せずにまるごと粉末にし、生きた繊維質100%の有機JAS認定品です。

山本の青汁

モンドセレクション受賞

新・食物養生法−食医学と薬効食品−

鶴見隆史著 発行 第三書館 2,000円+税

鶴見隆史著 新・食物養生法−食医学と薬効食品−

鶴見隆史先生
東京都中央区八重洲
鶴見クリニック院長
URL : http://www.tsurumiclinic.com/
著書
『ガンに克つ高エネルギーパイウオーター』
『梅醤たんぽぽ茶健飲法』
『難病を治す免疫療法』
『酵素が病気にならない体をつくる!』など

新・食物養生法−改訂第1版−

233ページから235ページより抜粋

山本の青汁の著しい薬効性が認められ、本文中に言及されています。
ご参考にして下さい。

癌はある種の必要悪であり、癌になって、癌が全身にあるのなら癌と共に生き、癌と共に死ぬくらいの覚悟の方がけっこう長生きするのは実は真実なのです。
見かけだけをつぶしていけば、死期は急速に早まるだけです。
癌になったらやらなければならない最も大事なことは、それこそ最も深い原因治しに尽きます。
それをやりながらですと結果対処も大きく生きることになるのです。

最も深い原因治しとは

  1. 食と水を直す
  2. 精神の調和(悩み苦しみといったストレスからの解放)
  3. 環境生活因子の改善(睡眠不足を正し、環境の改善を計る)

※この3つをとにかくクリアーしますと次の3つが改善されます。

  1. 浄血、増血
  2. 免疫強化
  3. 体質強化

※この3つが改善されますと、それこそ転移だらけの癌ですら治る可能性が出てくるのです。
この3つがダメなときは先の深い原因の三つのどこかがうまくいっていないか、良い免疫強化剤にめぐまれないが指摘されるでしょう。

山本の青汁(緑若葉物語)

※この青汁は私が特にすすめるものです。
SOD活性が極めて高く、さらに食物繊維とビタミン、ミネラルが多く、しかもおいしいのです。
浄血と抗酸化剤として真先にすすめられますが、無農薬のお茶と大麦若葉を低温(40度)以下で粉化したことが成功した理由と思われます。